Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併 - 成長戦略に「セキュアIoT」

ソフトバンク・テクノロジーは、子会社であるミラクル・リナックスとサイバートラストの合併を発表した。株主総会での承認を経て、10月1日付けで合併する予定。

今回の合併はミラクル・リナックスを存続会社とする吸収合併方式で、商号は「サイバートラスト」に変更する。

新会社では、ミラクル・リナックスの組み込みLinux関連技術とサイバートラストのセキュリティ技術を集約したセキュアIoTプラットフォームを成長戦略の軸とし、グローバルも視野に入れたIoTビジネスを展開したいとしている。

また認証サービス事業やセキュリティソリューション事業、Linux OSの開発、組み込みLinux関連事業、オープンソースソフトウェアを活用した法人向けソフトの開発、サポートおよびコンサルティング事業を手がける。

両社における既存事業のブランド名は維持する方針で、「MIRACLE LINUX」やサイバートラストのサーバ証明書「SureServer」をはじめ、合併後も継続して提供していく。

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省、「スマートシティセキュリティガイドライン第3.0版」を策定
国内で「Mirai」とは異なるボットネットの動きが加速
新「NOTICE」がスタート、脆弱性ある機器も注意喚起対象に
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
「メタバースセキュリティガイドライン」の第2版が公開
11月15日より「EdgeTech+ 2023」を開催 - セキュリティ関連の出展も
狭き門を突破した講演並ぶ「CODE BLUE」が開催中
IoTセキュリティの規制動向など共同研究 - PwCと情セ大
スマート工場のセキュリティ対策事例 - IPAが調査報告書