Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

100万件超ダウンロードされた人気ゲームアプリに「バックドア」 - Doctor Webが指摘

Doctor Web Pacificは、Google Playで100万回以上ダウンロードされている人気ゲームについて、未検査の関係ないアプリを密かにダウンロードできる「トロイの木馬」として動作するSDKが組み込まれていると報告した。

同社が問題を指摘したのは、Android向けに公開されている人気ゲーム「BlazBlue RR - Real Action Game」。同アプリは、ソフトウェア開発キット(SDK)の「Excelliance」を採用しているが、同SDKには、再インストールすることなくコンポーネントをダウンロードできる点に危険性が潜むとしている。

Doctor Webは、「Excelliance」が、自動アップデート機能などに利用できるメリットがあるとする一方、アプリ制作者の指示でGoogleの検査を受けずにコンポーネントを追加、起動できることを問題視。バックドア型の「トロイの木馬」であるとし、こうしたアップデート方法はGoogle Playの規約にも違反すると主張している。

同社によれば、「Excelliance」は、ゲーム本体起動後、本体を起動しなくとも、デバイスがインターネットに接続される度に起動。関係ないAPKファイル、DEXファイル、ELFファイルについて未検査でダウンロードできるほか、さらにルート権限を持っている場合は、端末利用者に気が付かれないようインストールすることが可能であると危険性を強調している。

同社では、同SDKをトロイの木馬「Android.DownLoader.558.origin」と命名、同社セキュリティ対策ソフトの検知対象とした。同社では今回の問題についてGoogleへ報告したとしているが、Google Playによる同アプリの排除は行われていない。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
2020年上半期、捜査機関による開示要請は1822件 - LINE
Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施