Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県

静岡県は、職員採用試験の受験票交付画面において、各申込者に全申込者の受験票を誤って交付するミスがあったことを明らかにした。

同県によれば、6月21日13時半過ぎに公開した受験票の交付画面において、本人分の受験票だけでなく、誤って受験申込者全員の受験票を交付してしまったという。公開より5分後に受験申込者から指摘があり、問題が判明した。

閲覧可能となっていたのは、交付対象となった286人分の受験票。氏名や生年月日、受験番号、申し込んだ職種などが記載されていた。2017年度からあらたに導入した電子システムを利用したところ、職員が操作を誤り、交付してしまったという。

同県では同日15時過ぎに問題の受験票に関するデータを削除。受験票を閲覧した申込者15人に電話で連絡し、事情を説明した。またデータをダウンロードした申込者10人にデータの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2017/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「WordPress 5.4.2」がリリース - 複数脆弱性を修正