Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県

静岡県は、職員採用試験の受験票交付画面において、各申込者に全申込者の受験票を誤って交付するミスがあったことを明らかにした。

同県によれば、6月21日13時半過ぎに公開した受験票の交付画面において、本人分の受験票だけでなく、誤って受験申込者全員の受験票を交付してしまったという。公開より5分後に受験申込者から指摘があり、問題が判明した。

閲覧可能となっていたのは、交付対象となった286人分の受験票。氏名や生年月日、受験番号、申し込んだ職種などが記載されていた。2017年度からあらたに導入した電子システムを利用したところ、職員が操作を誤り、交付してしまったという。

同県では同日15時過ぎに問題の受験票に関するデータを削除。受験票を閲覧した申込者15人に電話で連絡し、事情を説明した。またデータをダウンロードした申込者10人にデータの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2017/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「CTF for Girls」の申込者情報が閲覧可能に - フォーム設定ミスで
オーディション応募者の情報流出、対象範囲が拡大 - Brave group
個人情報入力するフォームで設定ミス、謝罪時に誤送信も - 岐薬大
フォームで個人情報が閲覧可能に、設定ミスで - ラストワンマイル
スマホサポーターの個人情報が流出、閲覧権限設定ミスで - 東京都
クラウドの誤設定で顧客情報がアクセス可能に - 衣料品メーカー
利用する労務管理クラウドで関連ファイルが流出 - イオングループ会社
クラウド保存した進路アンケートが生徒からも閲覧可能に - 都立中等学校
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市