Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

申請書などを保管期間満了前に誤廃棄 - 港区

東京都港区は、申請書などの文書を、保管期間の満了前に誤って廃棄していたことを明らかにした。

20170613_mk_001.jpg
誤廃棄した文書(表:港区)

同区によれば、赤坂地区総合支所区民課において、5月18日に文書の廃棄処理を行った際、保管期間中の文書を誤って一緒に廃棄してしまったという。

同月15日に廃棄対象の書類を準備した際、保管期間が満了していない書類を誤って廃棄対象として選別。同月18日にそのまま廃棄処分した。6月2日、書類を所管する部署から連絡があり、誤廃棄が判明したという。

誤廃棄したのは、「コミュニティバス無料乗車券発行申請書」606件や「都営交通無料乗車券発行申請書」155件など、7種類997件。いずれも溶解処理されており、個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2017/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
民生委員が書類紛失、自転車のカゴからなくなる - 三重県
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部