Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベータ提供されていたWindows向け「Simeji」のインストーラに脆弱性

バイドゥが、ベータ版として提供していた文字入力システム「Simeji Windows版」のインストーラに、脆弱性が存在することが判明した。すでに提供を終了しており、同インストーラを使用しないよう注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同1.0.0.7」のインストーラに、意図しないライブラリファイルを読み込む脆弱性「CVE-2017-2219」が判明したもの。脆弱性を悪用された場合、任意のコードを実行されるおそれがある。

インストール済みのソフトウェアは影響は受けない。同インストーラの提供はすでに終了しており、同社では使用しないよう呼びかけている。

同ソフトに限らず、インストーラに脆弱性を作り込んでしまうケースが多発しており、JVNでは広く注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正