Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県南健康福祉センターで個人情報記載書類を誤送付 - 栃木県

栃木県は、受領した申請書の返送処理において、関係ない別の業務で扱った個人情報を同封し、誤って送付していたことを公表した。

同県によれば、南健康福祉センターで受領した薬局の申請書を5月29日に返送した際、別の業務で作成した個人情報の一覧が記載された書類を誤って同封したという。同書類には、8人分の氏名と受診中の医療機関名が記載されていた。

同月31日に書類を受け取った薬局から連絡があり、問題が判明。同県では誤送付先の薬局に謝罪し、誤送付した書類の返送を依頼するとともに、二次流出がないことを確認した。リストにあった関係者には、直接説明し、謝罪する方針だという。

(Security NEXT - 2017/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市