Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供

セキュリティ・キャンプ実施協議会は、8月16日に都内で若年層のセキュリティ人材の育成を目的とした「セキュリティ・コアキャンプ2017」を開催する。

同イベントは、セキュリティ・キャンプ全国大会の修了生を対象としたイベント。「セキュリティ・キャンプ全国大会」で発掘した人材に対し、さらなるレベルアップの機会を提供する場として企画したという。

講師には、中津留勇氏やMasato Kinugawa氏、佳山こうせつ氏を招聘。マルウェア解析やウェブアプリケーションの脆弱性解析、コンテンツハッカソンなどの講義を予定している。

対象は、セキュリティ・キャンプ全国大会の修了生であり、2018年3月末の時点で25歳以下の学生。参加費は無料で、交通費や宿泊費など一部を支援する。定員10名で審査の上、決定する予定。応募締め切りは7月3日17時。イベントの詳細や募集要項などは同協議会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価