Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大量の脆弱性報告で注意喚起、インストーラ作製アプリなどに起因 - 脆弱性狙うマルウェアも

意図しないライブラリファイルを読み込む脆弱性は、以前から指摘されている。マイクロソフトなどもWindowsにおいて修正を進めてきたが、JVNでは、同社による対策がデータファイルと同一のディレクトリに置かれたライブラリファイルを読み込んでしまう、いわゆる「カレントディレクトリ型」の脆弱性に限られてきたと指摘。

アプリケーションと同じディレクトリに置かれたライブラリを読み込んでしまう「アプリケーションディレクトリ型」の脆弱性については依然として存在しており、Windowsに含まれる一部ライブラリファイルや、Windowsのコマンドで作成した自己解凍書庫ファイルなども影響を受けるという。

開発者に対して、脆弱性を作り込まないよう注意を呼びかけるとともに、利用者は、インストーラや自己解凍書庫ファイルを実行する前に、同一ディレクトリへ不審なファイルが配置されていないか注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加