Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 脆弱性37件を解消

Appleは、Mac OS向けに脆弱性を修正するセキュリティアップデート「macOS Sierra 10.12.5」「Security Update 2017-002 El Capitan, and Security Update 2017-002 Yosemite」をリリースした。

同アップデートは、「Sierra」「El Capitan」「Yosemite」において、あわせて37件の脆弱性を解消するもの。

カーネルの脆弱性7件をはじめ、「SQLite」の脆弱性5件のほか、ネットワーク、音声や画像の処理、サンドボックス、セキュリティ、スピーチフレームワークなどの脆弱性へ対処した。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-6988
CVE-2017-6978
CVE-2017-2527
CVE-2017-2502
CVE-2017-2533
CVE-2017-6990
CVE-2017-2497
CVE-2017-6981
CVE-2017-6986
CVE-2017-2503
CVE-2017-2545
CVE-2017-6979
CVE-2017-2494
CVE-2017-2501
CVE-2017-2507
CVE-2017-2509
CVE-2017-6987
CVE-2017-2516
CVE-2017-2546
CVE-2017-2542
CVE-2017-2543
CVE-2017-6985
CVE-2017-2512
CVE-2017-2535
CVE-2017-2534
CVE-2017-6977
CVE-2017-2513
CVE-2017-2518
CVE-2017-2520
CVE-2017-2519
CVE-2017-6983
CVE-2017-6991
CVE-2017-2524
CVE-2017-2537
CVE-2017-2541
CVE-2017-2548
CVE-2017-2540

(Security NEXT - 2017/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ