Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講師が学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 共立女子大

共立女子大学のキャンパス内で、学生の個人情報を含むPCが所在不明となっている。同PCには、同大のほか、教員が兼任講師を務める立教大学の学生情報も保存されていたという。

同大の教員が、4月21日に学外授業を行うため教室を出た際、パソコンを教室内に置き忘れ、紛失したもの。同日置き忘れに気が付き、探索を行ったがその後の所在がわからない状態だという。

同端末には、2013年度から2015 年度にかけて、同教員が担当した授業の履修者が提出した課題のデータ376人分が保存されていた。また2016 年度の履修者150人が提出した課題が含まれる可能性がある。いずれも学籍番号や氏名などが記載されていた。

また同教員は、立教大で社会学部の兼任講師を務めており、同大において2014年度春学期の専門科目履修者469人の氏名、学生番号、レポート評価、筆記試験評価、出席データなどについても保存されていた。

(Security NEXT - 2017/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出 - 阪大
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大