Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁のウェブサーバに大量アクセス - 一時閲覧不能に

警視庁のウェブサイトにアクセスが集中し、障害によって一時サイトが閲覧できない状態が発生した。

同庁によれば、4月28日13時過ぎ、同庁サイトのウェブサーバに対する大量のアクセスが発生。処理能力を超えるアクセスであったために障害が発生し、ウェブサイトを閲覧できない状態に陥った。現在は復旧している。

(Security NEXT - 2017/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数サーバにサイバー攻撃 - 施設設備の施工会社
サーバなどにサイバー攻撃、番組供給には影響なし - 日本ケーブルテレビジョン
医療機関向け給食施設でランサム感染 - 委託元被害の関連性は調査中
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
大阪急性期・総合医療センターにサイバー攻撃 - 電子カルテが被害
那覇市の図書館システムがランサム被害 - 貸出や予約に影響
サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD