Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁のウェブサーバに大量アクセス - 一時閲覧不能に

警視庁のウェブサイトにアクセスが集中し、障害によって一時サイトが閲覧できない状態が発生した。

同庁によれば、4月28日13時過ぎ、同庁サイトのウェブサーバに対する大量のアクセスが発生。処理能力を超えるアクセスであったために障害が発生し、ウェブサイトを閲覧できない状態に陥った。現在は復旧している。

(Security NEXT - 2017/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
ベイシア通販サイトで個人情報が流出 - ECサービスの不正アクセスで
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
JVCケンウッドの欧州グループ会社にサイバー攻撃 - メール障害から判明
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
ニップンが基幹アプリ障害で決算発表延期、マルウェア感染か - 子会社も影響
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社