Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力ら、産学でセキュリティ分野を共同研究

中部電力、慶應義塾大学、日立製作所は、サイバーセキュリティ分野において共同研究を開始する。研究期間は2018年3月まで。

サイバーセキュリティにおける連携手法の確立と検知能力の向上を目的に産学で連携し、共同研究を進めるもの。早期の情報共有を可能にするサイバー攻撃情報のパターン化技術や、情報共有時の情報漏洩対策技術、組織間でサイバー攻撃検知能力を相互バックアップするしくみなどについて研究を行う。

中部電力では、重要インフラ事業者としてIT系や制御システム系のセキュリティオペレーションについてノウハウやデータを提供。また慶應大学は研究の場を提供するほか、日立はセキュリティ分野における技術を提供する。

(Security NEXT - 2017/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
米政府、DDoS攻撃対策のガイダンスを公開 - 影響を考慮しつつ対策を
重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍