Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年1Qの脆弱性届け出はソフトウェアが88件 - 情報家電やルータなど目立つ

2017年第1四半期に届出があった脆弱性は145件で、そのうちソフトウェア製品が88件を占めた。「情報家電」や「ルータ」などいわゆる「IoT機器」に関する届け出も目立つ。

20170426_ip_001.jpg
届け出件数(表:IPA)

情報処理推進機構(IPA)が、2017年第1四半期における脆弱性の届け出状況について取りまとめたもの。同四半期は145件の届け出があった。前四半期の242件から大きく減少している。

脆弱性の届け出は、2016年第2四半期に753件と急増したが、一時的な現象にとどまり、その後は200件前後で推移している。

届出の内訳を見ると、ソフトウェア製品に関する脆弱性が88件。ウェブサイトに関する脆弱性が57件。いずれも前四半期から減少した。同四半期における就業日あたりの届出件数は4.21件。前四半期の4.25件を下回った。

届出の受付を開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェアが3520件、ウェブサイトが9541件。あわせると1万3061件で、ウェブサイトに関する届出が全体の約7割を占める。

(Security NEXT - 2017/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も