Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プライベートのSNSアカウント、業務利用で「対策やルールがない」6割弱 - 遵守されていないケースも

従業員のプライベートのSNSアカウントを、業務で使用することに関して対策やルールを設けていない企業が6割弱にのぼることがわかった。

20170407_lw_002.jpg
顧客からプライベートのSNSアカウントを聞かれた際の対応(グラフ:ワークスモバイルジャパン)

NAVERの子会社であるワークスモバイルジャパンが、従業員として週3回以上接客や営業で顧客と接する18歳から49歳を対象に、インターネット調査を行ったもの。有効回答数は824件。

同調査によると、顧客からプライベートのSNSアカウントを聞かれたことがある割合は293人で35.6%だった。

そのうち76.5%が教えたとしており、教えた理由は「業務上断れない、断りづらい」が42.4%。「業務上、教えた方が都合がいいから」が38.8%だった。またプライベートのSNSアカウントを教えたことがある人のうち、71.9%が「業務と関係ない連絡がきたことがある」と答えた。

(Security NEXT - 2017/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
総務省、ネットトラブルの事例集に誹謗中傷に関するトピック追加
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
SNS業界団体や政府、啓発サイト「No Heart No SNS」オープン
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
「ハローページ」が終了、個人情報保護への意識高まりなど影響