Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアIoTプラットフォーム協議会が発足 - 日本発の標準規格化目指す

20170403_si_001.jpg

IoT関連機器やサービスを安全に利用できるセキュリティ基盤の構築を目指し、セキュアIoTプラットフォーム協議会が発足した。標準化やガイドラインの策定などを推進していく。

同組織は、IoT機器の製造からサービス運用まで含むIoTセキュリティの標準規格化やセキュア IoTプラットフォームの普及などを目指す業界団体。

同協議会では、IoTに関する製造、ネットワーク、データ管理、サービスなど各レイヤーにおける課題を解決すべく、統合された規格のほか、各レイヤーにあわせたガイドライン、実装ガイドなどを策定。ワールドワイドにおけるデファクトスタンダードとして普及を目指す。またセキュリティ基盤の構築、利活用推進、事例構築、実証実験の実施など展開していく予定。

発足にあたり、国内のIoT関連ベンダーやセキュリティベンダーなど25組織が参加。理事長には中央大学研究開発機構フェローで教授を務める辻井重男氏が就任した。事務局は、サイバートラストのセキュアIoTプラットフォーム推進事業本部内に設置される。

20170403_si_002.jpg
活動内容(図:セキュアIoTプラットフォーム協議会)

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT開発者向けのセキュリティ手引書を公開 - SIOTP協議会
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催