Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Lookout、自社開発したiOS向けアプリの危険性評価機能を提供

米Lookoutは、モバイル向けエンドポイント向け製品「Lookout Mobile Endpoint Security」に、iOS向けアプリのレビュー機能を追加した。

同製品は、スマートデバイス向けのエンドポイントソリューション。今回あらたにiOS向けアプリのレビュー機能を搭載。自社や委託先が開発したアプリを同社のクラウド基盤へアップロードし、同社データベースと照合することで、アプリの挙動が企業のコンプライアンスポリシーなどへ違反しないか、確認することが可能。

またマルウェアや脆弱性が含まれないかチェックしたり、承認されていないコードやAPIが含まれていないか検査することができる。さらに自社開発のアプリだけでなく、App Storeから入手したアプリを分析する機能を実装した。

同社では、2017年上半期を目安にこれら新機能を国内向けにリリースする予定。

(Security NEXT - 2017/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay