Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岡山大病院の医療用端末2台がマルウェア感染、外部との不正通信 - ログ解析で発覚

岡山大学病院の医療用端末2台がマルウェアに感染し、外部と不正な通信を行っていたことがわかった。

同大によれば、3月15日に医療用に用いていた端末をログ解析ソフトで調査したところ、2台がマルウェアへ感染し、外部との不正な通信を行っていることが判明したもの。

問題のパソコンには、それぞれ患者1人、あわせて2人分の個人情報が保存されていた。外部流出は確認されていないが、可能性は否定できないとしている。

また同院で利用する電子カルテなどの医療情報システムや、基幹システムに対する不正アクセスは確認されていないという。

(Security NEXT - 2017/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院