Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セゾンを装うフィッシング、日時入りの件名で緊急感を演出か

セゾンカードの会員向けサービス「セゾンNetアンサー」の利用者を狙い、「第三者によるアクセスを確認した」などとして、偽サイトに誘導するフィッシング攻撃が確認された。

20170317_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像上:フィ対協)と正規サイト(画像下)。デザインから区別することは困難

フィッシング対策協議会によると、今回確認されたフィッシング攻撃では、「重要:必ずお読みください」「セゾンNetアンサーご登録確認」といった件名のメールを送信。後者に関しては、時刻や日付を記載しているケースもあるという。

メールの本文では、「第三者によるアクセスを確認した」と利用者の不安を煽ったうえで、暫定処置として利用者の登録IDを変更したなどとだまし、偽サイトへ誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトは、正規サイトにある利用登録フォームからデザインなどを盗用。

ログインIDやパスワード、メールアドレスのほか、クレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコードなどの入力を求める。

同協議会では、偽サイトのURLを4件確認。3月17日の時点で稼働を確認していることから、JPCERTコーディネーションセンターにサイトの閉鎖に向けて調査を依頼した。

同様のフィッシング攻撃は2016年の11月と12月にも確認されている。同協議会では、今後も類似の攻撃が繰り返される可能性があるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口
「Amazonプライムデー」に便乗、フィッシング攻撃増加 - 関連ドメイン取得の動きも