Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAの「安全なウェブサイト運営入門」に脆弱性 - サポート終了のため利用中止を

情報処理推進機構(IPA)が提供している「安全なウェブサイト運営入門」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性が含まれていることが明らかになった。すでにサポートを終了しており、利用の中止が呼びかけられている。

「安全なウェブサイト運営入門」は、同機構が2008年にリリースしたWindows向けのセキュリティ学習ソフト。クロスサイトスクリプティングやセッション管理不備などの脆弱性により生じるウェブサイト運営上の事件を疑似体験し、対策の必要性などを学ぶことができる。

同ソフトウェアにおける「セーブデータ」の読み込み処理にOSコマンドインジェクションが可能となる脆弱性「CVE-2017-2128」が存在することが明らかとなったもので、細工されたデータを読み込むとOSのコマンドを実行されるおそれがある。

同ソフトウェアの開発やサポートはすでに終了しており、同機構では利用を中止するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正