Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MyJCB」の偽サイトに注意 - 正規サイトのデザインを盗用

ジェーシービーの会員向けウェブサービス「MyJCB」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

20170220_ap_001.jpg
今回確認されたフィッシングサイト(画像上:フィ対協)とデザインが盗用された正規の「MyJCB」のページ(画像下)

今回確認されたフィッシングメールは「【重要:必ずお読みください】 MyJCB ご登録確認」といった件名で送信されているもの。

本文では「第三者によるアクセスがあり、登録IDを暫定的に変更した」などと不安を煽り、メール中のリンクから偽サイトへ誘導。

IDやパスワードを再設定するなどとだまし、クレジットカード番号や有効期限を詐取しようとしていた。

今回確認されたフィッシングサイトは、正規の「MyJCB」に存在する新規登録やID確認に用いるページを盗用しており、デザインから偽サイトであることを判別することは不可能。また「myjcb」といった文字列を含むドメインをフィッシングサイトに用いていた。

2月20日12時の時点で同サイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターが調査を進めている。同協議会では、フィッシングサイトへ注意するよう呼びかけるとともに、類似したフィッシング攻撃を見かけた場合に情報提供してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2017/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
「東京ガス」装うフィッシング - 「対応しないと供給停止」と不安煽る
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導