Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ciscoの家庭ネットワーク管理製品にリモート操作が可能となる脆弱性

米Cisco Systemsが提供するホームネットワークの管理製品に深刻な脆弱性が見つかった。

脆弱性が明らかになったのは、ネットワークへ接続された家庭内の機器を可視化する「Cisco Prime Home」。「同6.3」以降において、ウェブベースのインタフェースに用意されている認証がバイパスされる脆弱性「CVE-2017-3791」が存在するという。

細工したURLを用いて、リモートより管理者権限で操作が行われるおそれがあるという。重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」。同社では脆弱性を修正した「同6.5.0.1」を用意。最新版へアップデートするよう利用者へ呼びかけている。

今回の脆弱性について「同5.2」は影響を受けないが、同バージョンについては2016年11月に認証がバイパスされる同様の脆弱性「CVE-2016-6452」が明らかとなっており、アップデートとなる「同5.2.2.3」および「同5.1.1.7」がリリースされている。

(Security NEXT - 2017/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施
「EC-CUBE 2」系に複数の脆弱性 - アップデートが公開