Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4種類のランサムウェア復号ツールをあらたに公開 - Avast

Avast Softwareは、「Alcatraz Locker」をはじめ、ランサムウェアの被害者向けに、あらたな4種類の復号ツールを公開した。

2016年11月に確認されたランサムウェア「Alcatraz Locker」や、「JohnyCryptor」「Virus-Encode」といった別名を持つ「CrySiS」をはじめ、4種類のランサムウェアで暗号化されたファイルを復号するためのツールを開発し、無償で公開したもの。

2016年8月以降に活動が観測されているDelphiベースの「Globe」、ファイル名を変更しない特徴を持つ「NoobCrypt」にも対応。今回公開した4種類を含むあわせて11種類のツールをウェブサイト上で公開している。

同社に限らず、ランサムウェアの復号化ツールを提供する取り組みは、セキュリティベンダーで広がっており、Kaspersky LabやIntel Securityなど複数のセキュリティベンダーや法執行機関が参加するプロジェクト「No More Ransom」では、20種類以上のツールが公開されている。

(Security NEXT - 2017/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査