Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ子会社、EUデータ保護規則視野に「BCR」の承認取得目指す

インターネットイニシアティブ(IIJ)の子会社であるIIJ Europeは、同社グループにおける「拘束的企業準則(BCR)」についてイギリスのデータ保護機関より承認を得るために申請を行ったことを明らかにした。

2018年5月に「データ保護規則(GDPR)」が施行されることから、10月14日にイギリスのデータ保護機関である「Information Commissioner's Office(ICO)」へ申請を行ったもの。同社では2017年秋ごろを目処に承認を取得したいとしている。

日本国内の企業がEEA域内においてビジネスを行う場合、BCRなど承認を得ることはもちろん、データ処理にあたって同規則を遵守する事業者を使用する必要がある。そのためクラウドサービスを展開する同社では、BCRの承認を取得することで、同地域に向けてビジネスを展開する国内事業者の需要へ対応したいとしている。

(Security NEXT - 2016/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
個情委、LINEとZHDに立ち入り検査 - 報告内容を現地確認
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分