Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析

プラップジャパンは、記者会見やアナリスト向け説明会の印象を人口知能(AI)により解析、数値化する研究を4月30日まで実施する。

同研究は、メディアトレーニングに関するノウハウを持つ同社と、プレゼンテーションの解析や「印象」「魅力」に関する研究を行う東京大学大学院情報理工学系研究科の山崎研究室と共同で実施するもの。

記者会見の文章や音声、映像などを人工知能を用いて解析、深層学習を行い、与える印象について定性、定量の両面から客観的に評価できるシステムの開発を進める。研究にあたり、新製品や人事、決算発表、経営戦略のほか、謝罪や釈明、緊急会見など、数千件にわたる音声や映像データを用いて解析を行うという。

同システムの開発により、実際に会見を行う前の予行演習において、会見の成否について事前に予測でき、人工知能に提示された課題をメディアトレーニングで修正することで、実際の会見時の対応力が向上が図れるとしている。

(Security NEXT - 2016/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を