Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ColdFusion Builder」に情報漏洩の脆弱性 - パッチがリリース

Adobe Systemsは、「ColdFusion Builder」の脆弱性に対処するアップデートを公開した。

今回のアップデートは、情報漏洩が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2016-7887」を修正するもので、「Windows」「Mac」「Linux」のいずれも影響を受ける。重要度は3段階中の2番目にあたる「重要(important)」。

同社では、アップデートとして「ColdFusion Builder 2016 Update 3」および「ColdFusion Builder 3.0」向けに「同3.0.3 Hotfix」を用意。脆弱性の悪用は確認されておらず、30日以内を目安にアップデートを推奨する適用優先度を「2」にレーティングしている。

(Security NEXT - 2016/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース