Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業

KPMGコンサルティングとラックは、企業における「サイバーセキュリティ経営」を支援するソリューションについて共同で開発、提供すると発表した。

今回の協業により、両社はそれぞれが持つ経営管理や監査、リスクマネジメント、セキュリティに関するノウハウを活用。「サイバーセキュリティ経営」を支援する「サイバーインテリジェントプラットフォーム」を開発、提供するという。

同プラットフォームでは、組織やサプライチェーンの管理、リスク分析、セキュリティ監査などマネジメントを支援する機能や、セキュリティや脅威情報の管理機能を提供。さらに経営者が運用状況をモニタリングするためのダッシュボードを用意している。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
アルバイトが業務上知り得た個人情報を漏洩 - 河合塾進学研究社
福岡飲食店のECサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
認定農業者に調査票を誤送付、名簿の宛名と住所にずれ - 三重県
小規模事業者持続化補助金の事務局がランサム被害
経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査
自治会との委託契約書など個人情報含む書類を紛失 - 大阪府住宅供給公社
子会社従業員が顧客の個人情報をSNSに投稿 - ダイナックHD