Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業

KPMGコンサルティングとラックは、企業における「サイバーセキュリティ経営」を支援するソリューションについて共同で開発、提供すると発表した。

今回の協業により、両社はそれぞれが持つ経営管理や監査、リスクマネジメント、セキュリティに関するノウハウを活用。「サイバーセキュリティ経営」を支援する「サイバーインテリジェントプラットフォーム」を開発、提供するという。

同プラットフォームでは、組織やサプライチェーンの管理、リスク分析、セキュリティ監査などマネジメントを支援する機能や、セキュリティや脅威情報の管理機能を提供。さらに経営者が運用状況をモニタリングするためのダッシュボードを用意している。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
中小企業におけるセキュリティ対策の実態調査を実施 - IPA
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」にウェブ版 - 業界平均との比較も可能
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施