Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業

KPMGコンサルティングとラックは、企業における「サイバーセキュリティ経営」を支援するソリューションについて共同で開発、提供すると発表した。

今回の協業により、両社はそれぞれが持つ経営管理や監査、リスクマネジメント、セキュリティに関するノウハウを活用。「サイバーセキュリティ経営」を支援する「サイバーインテリジェントプラットフォーム」を開発、提供するという。

同プラットフォームでは、組織やサプライチェーンの管理、リスク分析、セキュリティ監査などマネジメントを支援する機能や、セキュリティや脅威情報の管理機能を提供。さらに経営者が運用状況をモニタリングするためのダッシュボードを用意している。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

農業従事者の個人情報含む書類が所在不明 - 新潟県
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
農業経営者の個人情報を県内自治体に誤送信 - 静岡県
「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を提供開始 - 日立ソ
個情委、メタップスPに行政指導 - 情報資産を把握せず、内部監査規程も形骸化
大企業の4社に1社、CISO同等ポジションを未設置
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
メール誤送信後の対応、「上司に報告」2割強