Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業

KPMGコンサルティングとラックは、企業における「サイバーセキュリティ経営」を支援するソリューションについて共同で開発、提供すると発表した。

今回の協業により、両社はそれぞれが持つ経営管理や監査、リスクマネジメント、セキュリティに関するノウハウを活用。「サイバーセキュリティ経営」を支援する「サイバーインテリジェントプラットフォーム」を開発、提供するという。

同プラットフォームでは、組織やサプライチェーンの管理、リスク分析、セキュリティ監査などマネジメントを支援する機能や、セキュリティや脅威情報の管理機能を提供。さらに経営者が運用状況をモニタリングするためのダッシュボードを用意している。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社