Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集中

内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、2017年2月の「サイバーセキュリティ月間」に向けて、同時期に開催予定の関連行事について情報を募集している。

政府では、国民のサイバーセキュリティに対する関心を高め、理解を深めることを目的に、毎年2月1日から3月18日(サイバー)までを「サイバーセキュリティ月間」としており、期間中は啓発活動を集中的に展開。現在、2016年度のサイバーセキュリティ月間に向けて、関係機関や団体などが実施する関連行事について募集している。

対象となるのは、2017年1月21日から3月26日までの間に、国内で開催予定の行事。応募は所定の様式に必要事項を記入し、メール、ファックス、郵送で送信する。締め切りは2017年1月10日正午で、郵送の場合は同日必着となる。

(Security NEXT - 2016/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増
サイバーセキュリティ月間がスタート - 関連イベントはオンライン中心
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割
2019年第3四半期、クレカ不正使用被害は68億円
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
2019年2Qのクレカ不正被害額68.5億円 - 番号盗用被害が微減
クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC