Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、機械学習を活用した「SEP 14」 - パッカー対抗も

さらに同社では、中小企業向けにエンドポイント製品「Symantec Endpoint Protection Cloud」をあらたに投入した。

同製品では、「SEP 14」と同じエンドポイント保護機能にくわえ、管理者による設定や管理などをサポートするクラウドベースのダッシュボードを用意。従業員はポータルより保護対象とするデバイスを追加することが可能で、従業員1人あたり、最大5台のデバイスを保護することができる

同社は今回のラインナップの強化を通じて、従業員数が1000人未満でセキュリティに詳しい管理者を確保できない中小規模をターゲットに、利用者の拡大を図りたい考え。

(Security NEXT - 2016/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee