Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東北電力会員制サイトへの不正ログイン、あらたに1416件

東北電力の会員制ウェブサイトにおいて不正ログインが行われた問題で、従来の発表とは別に1416件のアカウントでも不正にログインされていたことがわかった。

同社の会員サイト「よりそうeねっと」で11月10日から15日にかけて、本来の利用者とは異なる第三者が不正にログインを試みる「パスワードリスト攻撃」を受けたもの。同社では540件のアカウントでポイントが不正に利用されたことを公表済みだが、今回あらたな被害が判明した。

同社によれば、ポイント被害が生じた従来の540件とは別に、1416件のアカウントにおいても不正ログインが確認されたという。これらアカウントはポイントが貯まっていなかったことから、不正に交換される被害は発生していなかった。

同社は不正ログインの原因について、攻撃者が同社以外から入手したリストを用いた攻撃であるとあらためて説明。全会員に対してIDを無効化し、新たなIDを発行する。また大量のアクセスを監視する機能を強化するなど再発防止策を講じたうえで、12月上旬を目安にサイトを再開したいとしている。

(Security NEXT - 2016/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も