Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「パズドラ」チートツール、製作者を逮捕 - ガンホーが声明

オンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の不正改ざんツールを製作、販売したとして、神奈川県警は11月10日に組織犯罪処罰法違反容疑で3人を逮捕した。

同事件は、ゲームデータを不正に改ざんできるいわゆる「チートツール」を製作、販売し、ゲーム運営会社の業務を妨害したとして、組織犯罪処罰法の偽計業務妨害の疑いで容疑者3人が逮捕されたもの。同ツールに関しては、2016年6月に利用者が書類送検されている。

同社では今回の逮捕を受け、声明を発表。不正ツールは製作や販売だけでなく、ゲームで使用した場合も罪に問われる可能性があると指摘。あらためて使用しないよう呼びかけた。

また同社でも、不正ツールを使用したり、ほかのプレイヤーに広めたりする行為について常時監視を行っており、発見次第ゲームアカウントの停止など、断固たる措置を取ると説明。

引き続き、不正ツール対策を推進するとし、ユーザーが不正ツールの使用など利用規約に違反する行為を見かけた場合は、運営チームに報告してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2016/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画
セキュリティがテーマのコミック配信企画、シーズン2が始動
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
サーバに不正アクセス、一部ゲームデータが被害 - タイトー
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス