Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経団連のパソコンが外部と不正通信 - 詳細を調査中

日本経済団体連合会は、同団体が使用するパソコンが外部と不正通信を行っていた可能性があることを明らかにした。詳細について調査を進めている。

同団体によれば、事務局で使用しているパソコンが、外部と不正通信を行い、情報が流出した可能性があることが判明したという。

今回の問題を受けて同団体では緊急対策チームを設置。外部専門家を交えて調査を進めており、詳細がわかり次第、公表する予定。

(Security NEXT - 2016/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
NEC防衛部門の一部サーバに不正アクセス - 内部感染拡大を検知できず
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高