Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工

三菱重工業は、テレワークで利用した業務用端末がSNSの利用を通じてマルウェアに感染し、内部ネットワークにも感染が拡大して情報流出が発生したことを明らかにした。機密情報などは含まれていないという。

同社によれば、5月21日に同社の名古屋地区にあるサーバから外部への不正通信を検知し、調査を行ったところ被害が判明したもの。

パソコンやサーバなどがマルウェアに感染し、その後外部より不正アクセスを受けて同社グループの従業員の氏名やメールアドレスなど個人情報のほか、通信パケット、サーバのログ、設定情報などが流出した。

4月29日に同社グループの従業員が在宅勤務を行った際、業務用モバイルパソコンから社内ネットワークを経由せずSNSを利用したところ、ソーシャルエンジニアリングによって第三者から受信、ダウンロードしたファイルからマルウェアに感染したという。

さらに同従業員が、5月7日に出社してパソコンを社内ネットワークに接続したところ、5月18日よりマルウェアの感染が内部ネットワークに拡大。同地区の一部サーバにおいて、ローカル環境の特権アカウントに同じパスワードが設定されており、特権アカウントを悪用することで他機器にログインし、影響が広がったものと見られている。

(Security NEXT - 2020/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明