Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工

三菱重工業は、テレワークで利用した業務用端末がSNSの利用を通じてマルウェアに感染し、内部ネットワークにも感染が拡大して情報流出が発生したことを明らかにした。機密情報などは含まれていないという。

同社によれば、5月21日に同社の名古屋地区にあるサーバから外部への不正通信を検知し、調査を行ったところ被害が判明したもの。

パソコンやサーバなどがマルウェアに感染し、その後外部より不正アクセスを受けて同社グループの従業員の氏名やメールアドレスなど個人情報のほか、通信パケット、サーバのログ、設定情報などが流出した。

4月29日に同社グループの従業員が在宅勤務を行った際、業務用モバイルパソコンから社内ネットワークを経由せずSNSを利用したところ、ソーシャルエンジニアリングによって第三者から受信、ダウンロードしたファイルからマルウェアに感染したという。

さらに同従業員が、5月7日に出社してパソコンを社内ネットワークに接続したところ、5月18日よりマルウェアの感染が内部ネットワークに拡大。同地区の一部サーバにおいて、ローカル環境の特権アカウントに同じパスワードが設定されており、特権アカウントを悪用することで他機器にログインし、影響が広がったものと見られている。

(Security NEXT - 2020/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社