Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「e-Taxソフト」のメインテナンスが終了

「e-Taxソフト」のインストーラーに脆弱性「CVE-2016-4901」が見つかった問題で、国税庁はメインテナンスが終了したとして提供を再開した。

10月18日に同ソフトの提供を一時停止。その後、順次提供を再開していたが、同庁では10月28日にメンテナンスが完了したことを明らかにした。旧版のインストーラーを削除した上で、最新版のインストーラーを利用するよう呼びかけている。

ただし、メインテナンス終了後も「Windows Vista」に関しては、インストーラを起動するとエラーが発生するため、新規に同ソフトを導入して利用できないという。

(Security NEXT - 2016/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正