Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BYOD向けスマホアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートがリリース

日本ユニシスがスマートフォン向けに提供している業務システムのモバイルアクセス用アプリ「mobiGate」に、盗聴など行われるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートがリリースされている。 

20161101_nu_001.jpg
脆弱性が修正された「mobiGate」(画像:Google Play)

Android向けに提供している「同2.2.1.2」やiOS向けの「同2.2.4.1」にSSLサーバ証明書の検証を正しく行わない脆弱性「CVE-2016-7805」が含まれていることが判明したもの。以前のバージョンも影響を受ける。

脆弱性を悪用された場合、マンインザミドル(MITM)攻撃により、通信内容を盗聴されるおそれがある。

同脆弱性は、リスクファインダーの谷口岳氏が発見。同氏より連絡を受けた日本ユニシスが周知を目的に情報処理推進機構(IPA)へ報告、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

日本ユニシスでは、Android向けに脆弱性へ対処した「同2.2.1.3」、iOS向けに「同2.2.5.0」を用意。Google PlayおよびApp Store経由で提供を開始している。

(Security NEXT - 2016/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応