Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の廃棄ミスを公表 - JR西日本ホテル開発

JR西日本ホテル開発は、個人情報が記載された書類を、定められた方法と異なる方法で廃棄するミスが発生したことを公表した。

同社によれば、10月25日に同社内において、保管期限が過ぎた「JR西日本ホテルズカード」の会員入会申込書を廃棄する際、誤って一般廃棄物と一緒に廃棄してしまったという。

個人情報が記載されており、本来一般廃棄物とは異なる方法で廃棄されるべきところ、ミスが発生したとして公表。書類はすでに焼却処分されており、個人情報の漏洩については否定している。

(Security NEXT - 2016/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
2店舗で印鑑届や融資関係書類が所在不明 - 三島信金
ひとり暮らし高齢者の調査票や住基台帳抜粋資料を紛失 - 生駒市
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀