Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A10、DDoS対策アプライアンスのラインアップを追加

A10ネットワークスは、DDoS対策用アプライアンス3製品を11月末より国内向けに提供を開始する。

20161024_at_002.jpg
Thunder 14045 TPS

ハイエンドモデルとなる「Thunder 14045 TPS」は、サービスプロバイダやオンラインゲーム事業者、クラウド事業者などの利用を想定したアプライアンス。

300Gbps、440Mppsのスループットに対応し、クラスタ構成により2.4Tbpsまで拡張することが可能。100Gビットイーサネットおよび40Gbイーサネットインターフェイスをそれぞれ4ポート搭載したほか、冗長電源を装備している。

20161024_at_001.jpg
記者会見に登壇した同社マーケティング部部長の高木真吾氏

またエントリーモデルとして、2Gbpsに対応した「Thunder 840 TPS」を追加。可用性に考慮し、ハードウェアバイパス機能を搭載したモデルも用意した。

さらに、VMware ESXiおよびHyper-Vに対応した仮想アプライアンス「vThunder TPS」を提供する。価格はアプライアンス、仮想アプライアンスのいずれもオープン。

あわせて同社は、DDoS攻撃の緩和などについてアドバイスを行う「A10 DSIRT」によるサブスクリプションサービス「A10 脅威インテリジェンスサービス」を2017年中に開始する予定。

(Security NEXT - 2016/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート