Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、国内5社向けにSIEMのAPIを公開

日本IBMは、セキュリティー分析製品「IBM Security QRadar」の拡大に向けてパートナーとの協力体制を強化する。

米IBMが2015年12月よりグローバルで展開している「IBM Security App Exchange」を国内で展開するもの。

同社のSIEMソリューション「IBM Security QRadar」のAPIを公開。パートナーは、自社のアプリケーションを組み込んでカスタムアプリケーションとして提供できるもので、国内のパートナー5社との協力し、「IBM Security App Exchange ジャパン・エコシステム」として展開していく。

同社が技術支援を行うほか、マーケティング活動や情報交換なども進める。参加企業は、Carbon Black、Cybereason、Exabeam、ファイア・アイ、トレンドマイクロの5社。またエムオーテックスが、参加に向けてアプリケーションを開発する予定。

(Security NEXT - 2016/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
リスク評価と必要なSIEMルール設計をパッケージで
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業