Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含むPCを電車に置き忘れ紛失 - ヤマハ

ヤマハは、顧客情報が保存された業務用パソコンが所在不明となっていることを明らかにした。

9月16日に従業員が打ち合わせのためにパソコンやUSBメモリ、業務書類などを持ち出したが、帰宅途中の電車内に置き忘れ、紛失したという。

紛失したパソコンには、2016年に都内や大阪市内で開催された教育ビジネス関連の展示会で、同社ブースを訪れた顧客369人の個人情報が保存されていた。氏名のほか、顧客によって異なるが、勤務先名称や所属名、役職名、勤務先の住所と電話番号、メールアドレスなども含まれる。

同社では対象となる顧客に、個別に連絡して説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2016/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
無許可で持ち帰った業務用記録メディアが鞄ごと盗難被害 - さいたま市
職員が帰宅途中にPC紛失、暗号化や顔認証など対策済み - 千葉県
アルバイト従業員の個人情報含むPCが盗難被害 - ファミマ店舗運営会社
委託先が帰宅途中にPC紛失、HDDは暗号化 - 広島県指定検査機関
企業誘致の交渉情報含む書類を一時紛失、トイレに置き忘れ - 新潟県
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
業務用ノートPCを帰宅途中に紛失 - 加賀電子