Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEゼロデイ脆弱性、1年半以上にわたりマルバタイジングが検知回避に利用

9月のMS月例パッチで修正されたブラウザに関する脆弱性が、大規模なマルバタイジングをはじめ、マルウェアの感染活動で1年半以上にわたり悪用されていたことがわかった。攻撃活動の隠ぺいに利用されていたという。

問題の脆弱性「CVE-2016-3351」は、攻撃者によって端末の情報を取得されるおそれがある脆弱性。「Internet Explorer」および「Microsoft Edge」に影響があり、マイクロソフトでは月例セキュリティ更新プログラム「MS16-104」「MS16-105」で、それぞれ修正した。

同脆弱性は、ProofpointとTrend Microが報告したもの。両社では2015年10月よりマルバタイジングキャンペーン「AdGholas」について共同で調査を行っており、調査の過程で同脆弱性を特定した。

少なくとも2014年1月から脆弱性が悪用されていると見られており、脆弱性が直接与えるインパクトは小さいものの、攻撃者によって長年利用されてきたという。

MIMEタイプのチェックに関連する脆弱性で、「.py」「.pcap」など一部拡張子と関連性を持つシステムを避けることで、セキュリティ研究者が利用する仮想マシンやサンドボックスなどによる検知を回避していた。

(Security NEXT - 2016/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件