Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セシールの通販サイトで不正ログイン被害 - 50回の試行で8件成功

通販サイト「セシールオンラインショップ」において、本人以外の第三者によって不正にログインされる被害が発生した。他サービスで取得されたアカウント情報を用いる「パスワードリスト攻撃」と見られている。

20160905_dc_001.jpg
不正ログインが確認された「セシールオンラインショップ」

同サイトを運営するディノス・セシールによれば、8月31日22時36分から50分にかけて、同一のIPアドレスから50回にわたりログインの試行が行われ、そのうち8件でログインに成功していたという。翌9月1日に被害へ気が付いた。

同社は、不正アクセスに使用されたIDとパスワードについて、同社経由の流出について否定。同社以外の他サービスで入手したメールアドレスとパスワードが用いられたとの見方を示している。

不正ログインを許した顧客8人に関しては、氏名と所有ポイント数などの個人情報が閲覧された可能性がある。またそのうち1人については、住所やクレジットカード番号の下4桁、注文状況一覧、配送状況一覧なども含まれる。

同社では、これら顧客に対してログインパスワードの変更を実施。個別に連絡を取っている。今回発信元となったIPアドレスからのアクセスについて監視を行うとともに、顧客にはIDとパスワードの適切な管理をを呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
川崎市で野球場予約に大量の申込 - 同一IPアドレスから1日に約2万件
「mijicaカード」不正送金、被害者のいずれも不正ログイン被害か
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃