Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2.3.29」にあらたな脆弱性 - 次期版で対応予定

Apache Software Foundationが、6月に公開した「Apache Struts 2.3.29」に、一部脆弱性の修正が不十分であるとの見方が出ていたが、別の脆弱性であることが判明した。次期バージョンで修正される見込みだという。

「同2.3.29」では、実証コードが公開された「RESTプラグイン」の脆弱性「CVE-2016-4438」をはじめ、あわせて7件の脆弱性が修正されたが、「Getterメソッド」における検証回避の脆弱性「CVE-2016-4433」については、同バージョンでも任意のコードが実行可能であり、修正が不十分であるとしてJPCERTコーディネーションセンターによる調整が続けられていた

問題が指摘されていた「CVE-2016-4433」への対応については、「同2.3.29」で修正が完了しているとし、従来の指摘について開発者は、「CVE-2016-4433」に関連した問題が残っているとの認識を示しているという。

その後「同2.3.29」のアップデートとなる「同2.3.30」がリリースされているが、今回明らかとなった脆弱性に関しては、次期バージョンで修正される予定。

(Security NEXT - 2016/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応