Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac向けTwitterクライアントに絵文字処理でクラッシュする脆弱性

Mac OS X向けに提供されているTwitterクライアントソフト「夜フクロウ」に、特定の文字列を処理するとクラッシュする脆弱性が含まれていることがわかった。修正版がリリースされている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、絵文字を示す特定のユニコード文字列を処理するとアプリケーションがクラッシュする脆弱性「CVE-2016-4852」が明らかとなったもの。「同2.84」および以前のバージョンに含まれる。

同ソフトが利用するMac OS XのAPIに含まれる問題に起因しており、「OS X 10.9 Mavericks」で利用した際に影響を受けるという。最新OSである「OS X 10.11 El Capitan」では問題は生じないとしている。

同脆弱性は、東京農工大学の市川遼氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。開発者より修正版となる「同2.85」がリリースされている。

(Security NEXT - 2016/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性