Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市内小学校児童の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市

大阪市において、スポーツ大会に参加した市内小学校児童の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明となっている。

8月4日に開催された大阪市小学生スポーツ交流大会陸上運動の部における競技データを保存したUSBメモリを紛失したもの。USBメモリは市立小学校の教諭の私物だという。

同教諭は、参加児童の100メートル走の記録データを各参加校に送付するため、USBメモリへ保存。自宅へ持ち帰り、翌5日に学校へ持参してデータを各校へ送付しようとしたところ、USBメモリを紛失していることに気付いた。

問題のUSBメモリには、同大会に参加した児童の個人情報が保存されており、同市内小学校36校の児童891人分に関する氏名、学校名、100メートル走の記録、および63人の氏名と学校名が含まれる。USBメモリは暗号化などセキュリティ対策を講じていなかった。

同市では、対象となる児童の保護者に、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2016/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
小学校で児童の個人情報含む書類が所在不明、判明は4月 - 横須賀市
体験入学申込者宛のメールで誤送信 - 大阪府立高校
生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大高等部
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
都立高校で「生徒個人カード」綴じたファイルが所在不明
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校