Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「UltraVNC repeater」の初期設定に脆弱性

VNCの通信を中継する「UltraVNC repeater」において、初期設定で利用した場合に脆弱性が存在するとして、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

デフォルト設定において、接続先のIPアドレスやポートを制限していない脆弱性「CVE-2016-5673」が存在するもの。任意のホストへ接続させられるおそれがある。

開発者が、初期設定の内容を変更し、ポートの接続制限など機能を追加した「ultravnc_repeater_1300」をリリースしている。セキュリティ機関ではアップデートの実施や設定の更新など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開
「Spring Security」に複数の脆弱性 - アップデートにて修正
「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性
「Ibexa DXP」「eZ Platform」に脆弱性 - PWハッシュ漏洩のおそれ
「Firefox 107」がリリースに - 脆弱性19件を解消
「Samba」のPAC処理にバッファオーバーフローの脆弱性
「TERASOLUNA Global Framework」などの旧版に脆弱性
Acronisの小規模環境向けバックアップ製品に複数の脆弱性