Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHNテコラス、ウェブアプリの脆弱性診断サービスを開始

NHNテコラスは、ツールと手動によりウェブサイトの診断を行う「WEBアプリケーション脆弱性診断サービス」の提供を開始した。

同サービスは、「OWASP TOP 10」や「CWE/SANS TOP 25」などに対応したウェブアプリケーション向けの脆弱性診断サービス。自動スキャンツールと手動を組み合わせて診断を実施する。

診断結果で発見された脆弱性については、緊急度を示すほか、脆弱性から想定される「攻撃手法」や「被害」のほか、具体的な対策について提案する。

価格は、診断方法が自動メインの「Liteプラン」が21万6000円から。診断方法が手動中心の「Standardプラン」が75万6000円から。価格を抑えた再診断チケットや、OSやミドルウェア、ネットワークなども診断する「Advancedプラン」も用意している。

(Security NEXT - 2016/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自動化ツールによる短期間のペネトレーションテストサービスを提供 - ラック
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル