Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数ブラウザでHTTPS通信時にパラメータなど含むURLが漏洩するおそれ

「WPAD」に対応した複数のブラウザにおいて、HTTPS通信時のURLが第三者へ取得されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。URLのパラメータなどに含まれる機密情報が、漏洩するおそれがある。

「WPADプロトコル」によってプロキシを設定するために用いるファイル「proxy.pac」を自動的に取得するブラウザを使用した場合、URLを取得される脆弱性が判明したもの。AppleやGoogle、Mozilla、Operaなどのブラウザが影響を受けることが判明している。

具体的には、攻撃者が用意した「proxy.pac」を読み込んだ場合、マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)により、HTTPS通信を行う際のパス情報や、GETリクエストにおけるパラメータなどを取得されるおそれがあるという。

Appleでは、「CVE-2016-1801」として「OS X El Capitan v10.11.5」「Security Update 2016-003」「iOS 9.3.2」にて修正を実施。Googleは、7月20日のアップデートで「Chrome」における「CVE-2016-5134」を解消したとしている。

セキュリティ機関では、アップデートを推奨しているほか、機能を利用しないのであれば、ブラウザの「WPAD」を無効化することを検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性