Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ向け仮想試着アプリに脆弱性 - 通信が盗聴されるおそれ

東芝が提供するスマートフォン向けアプリ「Coordinate Plus」に、SSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性が含まれていることがわかった。修正版がリリースされている。

同アプリは、スマートフォンなどのモバイル端末上で、衣服を仮想的に試着し、コーディネートを確認できるもので、AndroidおよびiOS向けに提供している。

SSLサーバ証明書の検証処理に脆弱性「CVE-2016-4840」が存在しており、マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)によって暗号化通信を盗聴されるおそれがある。

同脆弱性は、リスクファインダーの谷口岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。東芝では、脆弱性を解消した「同1.0.3」がGoogle PlayおよびApp Storeにてリリースしている。

(Security NEXT - 2016/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開