Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、「企業経営のためのサイバーセキュリティの考え方」を策定

内閣サイバーセキュリティセンターは、「企業経営のためのサイバーセキュリティの考え方」を策定し、公表した。企業経営においてサイバーセキュリティを「費用」ではなく「投資」と捉えるべきであるとし、実装に向けた具体的なツールを示している。

企業がITへより大きく依存し、チャンスとリスクが増大する環境において、企業経営に期待されるサイバーセキュリティの基本的な考え方を示したもの。同センター普及啓発・人材育成専門調査会に設置された「セキュリティマインドを持った企業経営ワーキンググループ」が検討、取りまとめた。

同指針では、サイバーセキュリティが、あらたなビジネスの創出といった「挑戦」における「戦略の一環」である一方、「責任」が問われることもある社会の「要請」であることを基本認識として挙げた。

その上で、積極的な取り組みを情報発信することによる社会的な評価の向上、企業リスクに対する経営層のリーダーシップによる対応、委託先などサプライチェーン全体におけるセキュリティの確保など、これらへ留意すべきと指摘。セキュリティに対する認識や活用できるリソースなど、企業の状況において経営者に期待される「認識」や、実装に向けて活用できる「ツール」を紹介している。

(Security NEXT - 2016/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
同じ「看板」掲げても異なるセキュリティ対策製品
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ