Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトに個人情報誤記載、調査で判明 - 佐賀県

佐賀県は、同県のウェブサイト上に個人情報を誤って掲載していたことを明らかにした。6月の問題が発覚したことを受けて調査を行ったところ、あらたに判明したという。

同県の健康福祉部において、個人情報22件をウェブサイト上で誤って公開していたもの。6月に同部で同様の誤掲載が判明しており、全庁で個人情報の取り扱い状況について調査を実施したところ、あらたに判明したという。

指定機関の一覧を県のウェブサイトに公開していたところ、2015年4月より指定機関の一覧において、個人の住所22件が閲覧できる状態になっていた。

同年3月まで表計算ソフトの保護機能を用いて外部から閲覧できないよう設定し、パスワードを設定していたが、担当者の引き継ぎに不備があり、4月からパスワードを設定しない状態で公開されていたという。

同県では誤記載された情報を削除するとともに、対象となる関係者に謝罪の書面を送付するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
県営住宅入居者の個人情報含む書類、強風で飛散 - 愛知県
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
被災労働者の個人情報含むファイルをメール誤送信 - 労働基準監督署
応募QRコードから応募者の個人情報が閲覧可能に - アトレチコ鈴鹿
企画の情報募集フォームで個人情報が閲覧可能に - ローカル情報誌
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
個人情報含む公文書など紛失、廃棄年度未記載で誤廃棄か - 三重県
県サイトで個人情報含む作業用ファイルを誤公開 - 愛媛県
県サイトの道路台帳図面、個人氏名を誤掲載 - 新潟県