Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家族向け写真共有サービスに他家族の情報が閲覧できる不具合 - サービスを終了へ

20160711_bl_001.jpg

家族で写真や動画を共有できるサービス「リコネ」において、関係ない別の家族に関する写真、動画をはじめとする個人情報を閲覧できる不具合が、一部利用者で発生していたことがわかった。今回の問題を受け、同社はサービスを終了するという。

同サービスは、家族に限定して写真や動画を共有できるアルバムアプリサービス。BookLiveが4月20日よりサービスを提供しているが、7月1日に利用者からGoogle Play上で指摘があり、不具合が明らかになったという。

同社が調査を実施したところ、Android端末を利用している一部利用者において、別の家族の個人情報が閲覧できる不具合が発生していることが判明。Android端末と家族情報を紐付けるデータの一部に重複が発生したことが原因で、最大で38家族の情報が、他利用者より閲覧できる状態だった。

写真や動画にくわえ、登録している場合は、ニックネーム、生年月日、続柄、メールアドレスなどの家族一覧、子どもの氏名、生年月日、性別などが含まれる。

同社では、個人情報が流出した可能性のある利用者には、1000円分のクオカードを送付する。また同社は、同アプリのAndroid版とiOS版について機能を順次停止し、8月8日に「リコネ」を終了する予定。アップロードされている画像や動画は、サービスの終了にともない、ダウンロードできなくなるという。

(Security NEXT - 2016/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

区立保育園で園児の写真含むメディアを紛失 - 港区
県立病院で新生児の写真含むメモリカードを紛失 - 新潟県
県立高校で個人情報含むタブレットが所在不明に - 愛知県
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
サーバ上の顧客情報が削除される、流出の可能性も - エディオン
再委託先が顔認証の搭乗関連情報を不正持出 - 東京国際空港ターミナル
患者情報を保存したカメラを紛失 - 昭和大学歯科病院
中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小